会社概要沿革環境方針海外との関係
海外との関係
世界の「食文化」をクリエイトする。 一社が製造に必要な機種を全て担う事が、ごくまれな我々のマーケットでは、機種ごとに数社のトップメーカーが競い合っています。その中でヒガシモトキカイは、ほとんどの製造機械をラインナップしており、どの機種においても世界中の競合と対等に渡り合い、時には協力しあい技術を伸ばしてきました。その一方、アメリカ・オハイオ州立大学の食肉専門学科研究室に小型機を寄贈するなど国際的な技術水準の向上にも大きく貢献しています。

多年に渡る世界的メーカー同士の密接な提携と交流、定期的な海外研修による国際的な視野と情報網を大切な財産とし常に研鑽しています。環境関連機器や福祉関連機器の製造も、その分野における先進国ドイツやスウェーデンを始めとする欧米で得たヒントや知識もその延長上にあります。
AUTOTHERM社(ドイツ)
ハム・ソーセージの国ドイツを代表する世界的なスモークハウスメーカー。同社との技術提携によりドイツの伝統的なノウハウに日本の最新技術を装備したほかに類の無い優れたスモークハウスが完成しました。

AUTOTHERM http://www.autotherm.de/


COZZINI社(アメリカ)
アメリカシカゴに所在する世界的なハム・ソーセージ製造機械のメーカー。原料肉に同質タンパクを注入する素晴らしい技術、サスペンテックシステムを発明したことで知られています。同社との連携システムでは日本市場にあった独自のシステムを提供します。

COZZINI http://www.cozzini.com/


KITTNER社(ブルガリア)
バラの国ブルガリアから日本に初上陸のキットナー社。最も得意とするのは洗浄装置です。柔軟な発想でヒガシモトキカイとの共同開発関係を築き、その得意分野に新たな「マッサージタンク洗浄装置」を加えました。ヒガシモトキカイとのパートナーシップと独自の開発力によって日本のニーズに合った製品をご提供いたします。

KITTNER http://www.kittnerbg.com/